個人再生にかかる費用相場について※個人再生における準備ガイド

個人再生にかかる費用相場について※個人再生における準備ガイド

個人再生にかかる費用相場について※個人再生における準備ガイド

ローンの残っている持ち家をそのまま残して借金の整理をしたい人、ギャンブルなどで借り入れをしたため、自己破産で免責を受けられない人、全額借金を踏み倒すのには躊躇しているため、一部の支払いで借金を整理したい人などにお勧めしたいのが、個人再生です。個人再生は住宅ローンはこれまでどおりに払うことで、自己破産のように住宅を失わずにすみますし、それ以外の借金は借り入れ総額の20%か100万円の高い方を支払えば、残りは免除されます。ただし、この手続きは内容が複雑ですので専門家に依頼したときの費用の相場もやや高めになっています。
一般的な個人再生の書類作成の費用の相場は、大体30~50万円となっています。これに加えて、印紙や切手、官報掲載料として2~3万円程度の実費が必要です。また、個人事業者や会社の役員などが再生手続きをした場合には、かなりの確率で再生委員が選任され、毎月の返済を管理します。この再生委員が選任された場合には、別途費用が発生しますが、裁判所が金額を決めますので相場はあってないようなものです。ただ、弁護士が再生委員として動きますので、最低でも数十万円の追加納付が必要になります。そのため、この手続きを行う人は、借入額がある程度大きく、継続的に支払いを続けることができる、安定した収入があり、住宅などの資産を持っている人などが多いです。このほかの、破産や任意整理などの方法と比較検討しましょう。